リユースカートリッジ事業

Reused Cartridge Business

役目を終えたカートリッジに、
新たな命を吹き込む
リユースカートリッジ事業。

環境への貢献と経費の削減を両立した
アイメックスのリユースカートリッジ。

アルミや銅、プラスチックなどで構成されるプリンタのカートリッジは、分別・廃棄に手間とコストがかかるばかりか、環境負荷が増すことも否定できません。しかし、使える部品を残して再利用するリユースリサイクルから生まれるカートリッジなら、これらの負荷を大きく軽減することが可能。リユースカートリッジ1本の使用はCO2排出量3.4kg−CO2の削減となります。もちろん、再生可能な部品を再利用するリユースカートリッジは、純正品と比べ大幅な経費削減を実現。私たちのリユースカートリッジ事業は、こうした環境への貢献と経費の削減を両立します。

プリンタの仕様変更、
モデルチェンジなどへの
柔軟な対応力は
トナーメーカーならでは。

日々進化するプリンタの性能、機能。マーケットのニーズ、エンドユーザーの要望に応えるためには、スペックの向上やモデルチェンジが欠かせません。そしてそれは、カートリッジにも影響するのが事実です。こうした仕様変更、モデルチェンジに対して柔軟な対応力を発揮するのも私たちならではの「強み」。アイメックスでは、カートリッジの開発や仕様変更に際しても、トナーの改良や新規開発から対応することが可能。そこには、会社設立以来蓄積してきた電子写真とその材料に関するトナーメーカーならではの技術とノウハウが、惜しみなく投入されています。

リユースカートリッジ製造プロセス


TOP